カードローンの審査のポイント

手軽に利用できメリットがあるカードローンですが、カードローンにも他のローンと同じように審査がありこの審査に通らないと、お金を借りることができません。カードローンの審査は、銀行カードローンが審査が厳しく、消費者金融のカードローンは審査が緩いといわれています。ただ、消費者金融のカードローンの審査には落ちたけれど、銀行カードローンの審査には通ったという人もいるので、一概には言えません。消費者金融の中でいえば、大手消費者金融は審査が厳しく、規模が小さくなりにつれて審査は緩くなる傾向があります。とくに、専業主婦も借りられるようなレディースローンは、審査が緩くなっています。銀行のカードローンでは審査に自信がないという専業主婦の方なら、中小規模の消費者金融がおすすめです。ただし、専業主婦を狙った闇金もあるので、消費者金融の選択は慎重にしてくださいね。

 

調べる

さて、カードローンの審査はどのように行われるかというと、審査は仮審査と本審査に分かれていて、仮審査はコンピューターによる自動審査いなります。自動審査可能な時間帯に申し込みをすれば、審査の結果はすぐにわかります。審査のポイントのなるのは職業、勤務先、勤続年数、勤務形態、住居、今までの借り入れ状況などです。

 

職業は公務員など安定した収入が得られる職業の場合は審査の評価が高くなります。逆に、流行や人気に収入が左右されるような職業の場合は、審査には不利になります。勤務先は、安定していて業績のいい企業、勤務形態は正社員なら評価はよくなります。ただ、派遣や契約社員、パートやアルバイトでも勤続年数がある程度あれば、審査には有利です。住居は住宅ローンのない持家に長年住んでいる場合にポイントが高くなります。今までの借り入れ状況の調査は、信用情報機関に登録されている信用情報を確認することによって行われます。専業主婦の方で今までカードローンを利用したことがない方もいるかもしれませんが、携帯電話の料金を滞納したことがあるとか、クレジットカードの支払いが遅れたたという場合、その情報も一定期間登録されますので、延滞などがあれば審査には不利になります。

 

カードローンの審査に通りたいあまり、他社借り入れ件数や借入総額を偽って申告したり、年収を実際の金額よりかなり多めに書くと、すぐに嘘だとバレて審査に落ちるので、申し込み書には正直に記入しましょう。また、専業主婦の方が、消費者金融を利用する場合には、「配偶者の同意書」が必要になりますが、配偶者に内緒で勝手に自分で文書を作成して提出することはできません。私文書偽造の罪になりますのでくれぐれもそんなことはしないようにしてくださいね。